鉄骨住宅の強みironflames

ホーム鉄骨住宅の強み

重量鉄骨で建てる家 柱や梁組みなどの骨組みが鋼材でできている建物を「鉄骨造」といいます。鉄骨造には、厚さ6ミリ未満の鋼材を使用する「軽量鉄骨」と、6ミリ以上の鋼材を使用する「重量鉄骨」があります。
「軽量鉄骨」が木造軸組工法と同様に筋交いのある構造なのに対し、「重量鉄骨」は筋交いを用いず、鉄骨の柱と梁でフレームを組み立てる「ラーメン構造」によって建築します。
『かまけい』では、皆様により安心・安全・快適な暮らしをご提供するために、「重量鉄骨の家」をご提供しています。

重量鉄骨のメリット

地震に強い
頑丈なラーメン構造と強固な地盤・基礎により、地震に強い家を実現します。また、「重量鉄骨の家」はいかなる場合も構造計算が必要なため、正確な数値にもとづく確かな強度が得られます。
プランの自由度が高い
重量鉄骨構造では鉄骨の柱のみに荷重がかかり、木造住宅と比べて柱の本数も少なくてすむため、大空間・大開口などの自由な間取りが可能です。リノベーションやリフォームが容易で、思い通りの空間が実現できます。
品質が均一で安定している
木造住宅は素材や大工職人の技術によって住宅の仕上がりに差が生じる場合がありますが、重量鉄骨は工場で精巧に加工された構造材をボルトで接合して組み立てるため、どの建物も品質が均一で安定しています。
遮音性が高い
1階と2階の床の間にデッキコンクリートを敷いているため、遮音性・耐火性に優れています。2階の音が1階に響かず、プライバシーを保てます。
長持ちする
重量鉄骨の建物は鉄骨が錆びなければ半永久的に持つといわれ、耐久性に優れています。木造住宅のような材の変形によるダメージも少ないので、メンテナンス費用も抑えられます。

こんな家づくりには重量鉄骨の家がおすすめ!

「重量鉄骨の家」は自由度の高いデザインが可能なため、木造住宅では叶えることのできない住まいを実現できます。
特に、次のような住宅をご希望のお客様には重量鉄骨をおすすめします。

住宅ローンや火災保険で優遇される!?「重量鉄骨の家」は「木造の家」に比べて法定耐用年数が長いため、住宅ローンの返済期間を長く組むことができます。また、火災保険料も安くなります。
このように、重量鉄骨の家はメリットが豊富な一方、コストが割高になる、施工期間が長い、柱や梁のある部屋の角が出っ張るといったデメリットもあります。
『かまけい』では、お客様のご要望はもとより、敷地の状態や建物の用途、住宅資金、納期など、あらゆる角度から重量鉄骨の家と木造の家のどちらがふさわしいかを検証し、ベストな家づくりをご提案しています。