木造住宅についてWood house

ホーム木造住宅について

『かまけい』では、木造住宅もご提供しています。 鉄骨住宅と木造住宅、原材料や構造は異なりますが、間取りや内装、設備など、両者に共通するノウハウはいろいろあります。『かまけい』では、鉄骨住宅で培った技術とスキルを生かして、木造軸組工法による木造住宅にも幅広く対応しています。 地震に強い鉄骨住宅を手がけてきた当社だからこそ、木造住宅も耐震・制震性能にこだわり、安心・安全な住まいをご提供します。

かまけいならではの地震に強い木造住宅

各耐震等級(1~3)に対応

詳細な構造計算による等級3の建物は信頼性が高く揺れに対しての強度が高い反面、室内への揺れがそのまま伝わり危険が増大することがあります。 単純に耐震等級3(最高)なら安全と考えるのではなく耐震性能についてしっかり理解し選択するべきと考えます。

様々な地盤状況に対応した基礎構造

周辺地形を分析した上で状況にあった地盤調査を実施し、調査結果により地盤保障の対象になる地盤補強を施します。 基礎底面の面積が大きく、地盤に伝わる荷重を分散させることができ、不動沈下に対する耐久性や耐震性が高い『べた基礎工法』を採用しております。

省エネ・メンテナンス性能

太陽光発電設備や省エネ住宅設備の導入は地球環境を守ることと共に家計にも大きく影響します。設備導入と維持にかかるコスト、機能性について充分検討し賢く検討します。

鉄骨×自然素材の家 鉄骨×自然素材の家

鉄骨住宅は冷たくて無機質なイメージにとらえられがちですが、決してそんなことはありません。
構造は地震に強い鉄骨造りでも、床や壁、天井といった内装に無垢材や漆喰・珪藻土等の自然素材を用いることで、木造住宅と同様に素朴で温かみのある住まいを実現することが可能です。
さらに、鉄骨住宅ならではの自由度の高い設計により、吹き抜けの大空間や大開口など、木造住宅では成し得ないスケールの「木の家」を叶えることができます。
鉄骨住宅と木造住宅の長所を「イイトコどり」した理想の家を、自由設計でご提供します。